東京理科大学 板垣・四反田研究室

Facebookもチェック 板垣・四反田研究室

Newsお知らせ

Research Programs - 板垣・四反田研究室

四反田功講師らの研究成果を 日経産業新聞 が掲載

四反田 功講師らが開発した、汗から熱中症などのリスクを検知する薄型センサーを日経産業新聞が紹介しました。

記事では、汗の中の塩分濃度から熱中症リスクを検知する薄型のセンサーが紹介されています。
このセンサーは、基盤の表面に塩分に反応する特殊なインクを基板上に重ねて印刷することによって作られており、グラフ化して視覚的に塩分の状態が把握できるようになっています。
今後は、塩分以外のアンモニアなどでも検出できるような技術を開発していると述べられています。

詳細は掲載紙をご覧ください。

■ 掲載紙
『日経産業新聞』 2018年10月15日付

板垣・四反田研究室
研究室のページ: http://islab.ca.noda.tus.ac.jp/
四反田講師のページ: http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?380c